歯がしみる方へ
歯がしみる理由を動画で説明します。
柳沢歯科医院
世田谷区からすぐ、虫歯、根の治療を専門的に行っています

歯がしみる理由

01.

虫歯

虫歯が歯の神経近くまで進むと、歯がしみることがあります。
虫歯を放置していると、冷たい水や温かいものでしみる、何もしてなくてもズキズキするという症状が出ます。
歯の神経まで虫歯が進むと、神経を取らないといけない場合も出てきます。そうなる前に早めに診断してもらい、虫歯治療を受けましょう。

虫歯の写真

02.

知覚過敏

冷たいものがしみたり、歯ブラシを当てると痛い症状がある場合、知覚過敏の可能性があります。

知覚過敏は、歯の表面のエナメル質が薄くなったりかけたりして、内側の象牙質が露出することで症状が出ます。
エナメル質が薄くなったり削れたりする原因は、ブラッシング圧が強い、歯ぎしりや噛み締める力が強い、酸性度の高い食品の過剰摂取などが
考えられます。

知覚過敏写真

03.

歯周病

歯周病で歯茎が下がり、冷たいものなどで歯がしみるようになることがあります。

口臭がしたり、歯みがきや硬い物を食べる時に歯茎から血が出たり、歯茎が腫れたり歯がグラついたりしていたら歯周病の可能性があります。

歯周病で歯がしみる症状がある場合、しみるから・・・とブラッシングを丁寧にやらないと、磨き残しができ、さらに歯茎の炎症が進むという悪循環にもなりかねません。

歯周病と診断された場合は、歯周病治療を受けプラークや歯石をとったうえで歯茎の炎症がない状態を維持することが大切です。

歯周病の写真

銀歯の下が虫歯になった時の治療法

  • STEP
    01

    新しい銀歯いれる

    歯の中が虫歯になっていたり、欠けたりしている場合は新しく作らないと入りません。

    虫歯を除去したり、欠けた部分を整えて、型取りをして新しい銀歯を入れます。

    金属アレルギーの問題、適合性の問題があります。適合性が悪いとまた虫歯になったり脱離の原因になります。

    削っている写真
  • STEP
    02

    白いプラスチックで詰める

    白い高強度のプラスチックで詰めます。

    光で固まる材料で金属に比べ歯を削る量が少ないです。神経をしっかり保護し、強い接着力でつきます。歯を削る量が少ないのが大きいメリットです。

    デメリットは年数が経つと、色が変色したり、段差に汚れがつく事があります。金属ほど硬くないのでかけることがあります。

    汚れがついたり、欠けた場合は、再度研磨、再度詰めるのは簡単にできます。

    プラスチックの詰め物の写真
  • STEP
    03

    セラミックで詰める

    型取りをして白いセラミックで詰める事ができます。セラミックは見た目は天然の歯とほとんど変わらず、汚れもつきにくく、金属アレルギーがないのが大きなメリットです。

    デメリットは噛む力が強い人はかけてしまう事があります。歯を削る量が多いです。

    aesthetic007
  • STEP
    04

    被せる

    歯の中の虫歯が大きかったり、歯が大きくかけてしまった場合、無理に詰め物で治すと逆に大きく欠けてよりひどくなってしまう事もあります。その様な場合は被せる必要があります。

    全周削ることになりますが、欠けるリスクを考えるとそうせざるを得ない状態の場合が多いです。

    被せ物にもたくさん種類があるのでしっかり選択する必要があります。

    crown018
  • STEP
    05

    金で詰める

    昔は金で詰めることが多かったと思いますが、現在は少なくなっています。しかし、歯に似たような硬さでかみ合わせに最適なことと、粘り伸びがあるので、歯との適合性がとてもいいです。

    虫歯になりにくく、金属アレルギーになりにくく、錆びにくいです。

    材料としてはかなりいいものですが審美性が悪いです。

    aesthetic006
こだわり

マイクロスコープの使用

肉眼の約30倍の視野を確保できるのが、歯科用マイクロスコープによる治療です(導入率は、歯科医全体の5%程度)。通常の拡大鏡よりもさらに細かな領域まで捉えることが可能なため、削る箇所も最小限度に抑えることが可能となります。

エキスカベーターの使用

エキスカベーターと呼ばれる治療器具は、耳かきに似た作りで、虫歯組織だけを細かく丁寧に取り除くことに効果を発揮します。タービンで削る範囲を最小限度にとどめ、細部に関してはエキスカベーターを使うことで、健康な歯の削りすぎを抑えることができます。

MTAセメントの使用

虫歯部分を削らずにその箇所に歯科用の薬剤セメントで蓋をし、その滅菌力により虫歯菌を不活性化させる治療になります。虫歯の初期状態に有効な場合が多く、削らずに虫歯を抑える治療法になりますので、保存治療として有効です。

齲蝕検知液の使用

虫歯組織だけを赤く染めてくれる特殊な液体が、齲蝕検知液(うしょくけんちえき)と言われる無知歯検知液です。齲蝕検知液の使用により、健康な歯の組織と虫歯組織を明確に区別可能になりますので、歯の削りすぎ防止に効果を発揮します。

当院ではマイクロスコープを使用して精密な治療を行っています。

当院が一番大事にしている、患者さんの歯を一生残す(歯内療法を必要とする歯の撲滅)ためにマイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を使用しています。マイクロスコープは肉眼の2〜30倍に拡大する事ができ、虫歯や金属だけを選択して除去する事で可能な限り歯を削らずに治療する事が可能です。

さらにマイクロスコープは治療している画像を記録することもできます。

実際に見ていただくのが一番わかると思います。当院では治療動画を見せるのが当たり前ですが、普段見た事ない方が多いと思います。百聞は一見に如かず。

下の動画をご覧下さい

マイクロスコープ画像
お気軽にお電話でご連絡ください
042-485-7123 042-485-7123
9:00~18:00
Access

ご来院希望の方は最寄り駅からの徒歩ルートが掲載されているアクセス情報をご覧ください

概要

医院名 柳沢歯科医院
住所 東京都調布市菊野台3丁目36-2
電話番号 042-485-7123
営業時間 月・木・金 9:00~12:00/13:30~18:00


火 9:00~12:00/13:30~20:00


土 9:00~13:00
定休日 水曜日 日曜日 祝日
最寄り 京王線 柴崎駅徒歩5分

アクセス

豊富な治療実績を持つ歯科医院を調布市周辺でお探しの方は、アクセス情報をご覧の上足をお運びください。公共交通機関をご利用になり、京王線の柴崎駅から徒歩でご来院いただく方法が便利でおすすめです。また専用駐車場のご用意もございますのでお車でもご来院いただけます。
RELATED

関連記事