銀歯が取れた後の治療方

銀歯が取れて、歯科医院に行ったら、

問題ないのでとりあえずつけますよ

と言われて、つけてもらったことありますよね。

本当につけて大丈夫なのでしょうか?

取れたのには理由があります。そして実は選択肢もあります。

取れた理由を知って、治療を選択しましょう。

に理由を解説していきます。

スクリーンショット 2020-06-03 23.24.20

銀歯が取れる理由

銀歯には詰め物、被せ物があります。取れる理由は基本的に同じになります。

 

銀歯が取れる理由
Check!
銀歯が取れる理由
虫歯治療を専門的に行って来た柳沢歯科医院が解説
Point1

セメント

金属詰め物被せ物セメントでくっついています。

セメントの劣化虫歯歯がかけたことによって穴が開いてセメントの溶出虫歯によって歯が柔らかくなってセメントと接着できなくなった、などがあります。

ただセメントの劣化で綺麗に取れた場合はそのまま合着すれば問題ないですが、虫歯や歯が欠けているのに再度同じものをくっつけてしまうと虫歯が進行してしまったり、隙間からセメントがまた溶出したりしてしまい、とんでもないことになります。

Point2

不適合

銀歯は歯を綺麗な形に削って、型取りをして、技工士さんに適合の良い物を作ってもらい、それをセメントで合着します。削り方がうまく行ってなかったり、型取りがうまくいかない、適合の悪いのにくっつけてしまうことあります。もちろん悪いと言っても肉眼レベルでは綺麗なものができているかもしれませんが、マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を使うと自分の綺麗と思っていたレベルが変わってきます。そして適合性が悪くてもある程度セメントでくっつけることができます。ただセメントの部分が多いと当然外れやすくなります。経年的にも形が変わることがあります。

この場合は同じものをつけるとまた外れやすかったり、隙間に汚れが詰まって虫歯歯周病になる可能性が高いです。

Point3

過剰な力

歯軋り食いしばり、硬いものが好きな方などは銀歯が取れやすいです。特に睡眠中の歯軋り食いしばりは、食事中に噛む力の10倍出ていると報告もされています。

当然、歯に力がかかればセメントが壊れたり、歯がかけたり、銀歯の形が変わって外れるリスクが上がります。

この場合は、同じ詰め物を入れても外れるリスクがあります。そもそもの歯軋りなどに対してマウスピースなどの処置が必要になることも多いです。

実際に見てみましょう

当院ではマイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を長年使用しています。肉眼の2〜30倍の拡大率で見ることができるのと、強い光源で視野を明るくすることができます。そして、録画機能があるので、患者さんに実際にお見せしたり、治療の考察などもできます。

百聞は一見に如かず。

下の動画を見てみてください。

tour04

銀歯が取れた場合の治療法

  • STEP
    01

    取れた銀歯を再度つける

    歯が健全で虫歯がない状態であれば綺麗に以前の銀歯をつける事ができます。

    しかし、銀歯が取れたのには理由があります。

    セメントの流出、溶解、虫歯、歯軋り、などです。

    虫歯あったり、段差があるのに再度つけてしまっては、更に虫歯が進行してしまいますし、すぐに取れてしまうでしょう。

    銀歯の写真
  • STEP
    02

    新しい銀歯いれる

    歯の中が虫歯になっていたり、欠けたりしている場合は新しく作らないと入りません。

    虫歯を除去したり、欠けた部分を整えて、型取りをして新しい銀歯を入れます。

    金属アレルギーの問題、適合性の問題があります。適合性が悪いとまた虫歯になったり脱離の原因になります。

    削っている写真
  • STEP
    03

    白いプラスチックで詰める

    白い高強度のプラスチックで詰めます。

    光で固まる材料で金属に比べ歯を削る量が少ないです。神経をしっかり保護し、強い接着力でつきます。歯を削る量が少ないのが大きいメリットです。

    デメリットは年数が経つと、色が変色したり、段差に汚れがつく事があります。金属ほど硬くないのでかけることがあります。

    汚れがついたり、欠けた場合は、再度研磨、再度詰めるのは簡単にできます。

    プラスチックの詰め物の写真
  • STEP
    04

    セラミックで詰める

    型取りをして白いセラミックで詰める事ができます。セラミックは見た目は天然の歯とほとんど変わらず、汚れもつきにくく、金属アレルギーがないのが大きなメリットです。

    デメリットは噛む力が強い人はかけてしまう事があります。歯を削る量が多いです。

    aesthetic007
  • STEP
    05

    被せる

    歯の中の虫歯が大きかったり、歯が大きくかけてしまった場合、無理に詰め物で治すと逆に大きく欠けてよりひどくなってしまう事もあります。その様な場合は被せる必要があります。

    全周削ることになりますが、欠けるリスクを考えるとそうせざるを得ない状態の場合が多いです。

    被せ物にもたくさん種類があるのでしっかり選択する必要があります。

    crown018
  • STEP
    06

    金で詰める

    昔は金で詰めることが多かったと思いますが、現在は少なくなっています。しかし、歯に似たような硬さでかみ合わせに最適なことと、粘り伸びがあるので、歯との適合性がとてもいいです。

    虫歯になりにくく、金属アレルギーになりにくく、錆びにくいです。

    材料としてはかなりいいものですが審美性が悪いです。

    aesthetic006

Q

予約はできますか?

A

はい。お気軽にご連絡ください。

Q

土曜日は診療していますか?

A

はい。9:00~13:00まで対応しております。

Access

ご来院希望の方は最寄り駅からの徒歩ルートが掲載されているアクセス情報をご覧ください

概要

医院名 柳沢歯科医院
住所 東京都調布市菊野台3丁目36-2
電話番号 042-485-7123
営業時間 月・木・金 9:00~12:00/13:30~18:00


火 9:00~12:00/13:30~20:00


土 9:00~13:00
定休日 水曜日 日曜日 祝日
最寄り 京王線 柴崎駅徒歩5分

アクセス

豊富な治療実績を持つ歯科医院を調布市周辺でお探しの方は、アクセス情報をご覧の上足をお運びください。公共交通機関をご利用になり、京王線の柴崎駅から徒歩でご来院いただく方法が便利でおすすめです。また専用駐車場のご用意もございますのでお車でもご来院いただけます。

RELATED

関連記事