歯の中の神経を取るとどうなってしまうのか?
根管治療の流れについて解説致します
歯を長く持たせる根管治療
柳沢歯科医院
現在症状のある方はお早めにご相談を

歯内療法を解説

虫歯が大きくて歯医者さんで、歯の神経を抜きましょうと言われた方はいらっしゃるでしょうか。

歯の神経を抜くってどんな治療のことか想像できますか?

ここでは歯の神経の治療について簡単にわかりやすく説明させて頂きます。

神経を取ることにはメリット、デメリットがあります。

歯の神経の治療

歯の中の神経(歯髄)

歯の中にある神経とは、専門用語で歯髄と言います。

歯は、外側から、表面の硬いエナメル質、少し柔らかい象牙質、一番内側にある歯髄という順番になっています。

この歯髄には刺激を脳に伝える機能があります。痛みを感じるのはこの歯髄があるからです。

また、歯髄には血管も通っており、水分や栄養を歯に送るという役割もあります。

歯の神経の写真

歯の神経(歯髄)の役割

①水分や栄養を運ぶ事ができる

歯髄は水分や栄養を歯に運ぶ役割を持っています。外部からの刺激に対して防御機構が働きます。

神経は歯を綺麗で丈夫な状態に保つ、非常に重要な役割を担っています。

②歯の異常を教えてくれる

歯の神経は、歯に何か異常が起きていないか教えてくれる役割があります。

歯がでしみたり、虫歯が進行して痛みがあったりりと感じる事ができるのは神経があるからです。痛みを出すことで、歯に異常があることを教えてくれます。

現在すでに痛み違和感などがある場合は早めにに歯科医院にいきましょう。

歯のキャラクター

更に詳しく根管治療根管治療でお困りの方はこちらをご覧ください

 

柳沢歯科医院の精密根管治療について解説

同業者からおすすめされる理由があります

診療室写真

根管治療マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)で行った動画になります。

イメージが湧きやすくなるので是非ご覧ください。

肉眼の20倍以上の精度で治療を行っています。

 

Q

予約はできますか?

A

はい。お気軽にご連絡ください。

Q

土曜日は診療していますか?

A

はい。9:00~13:00まで対応しております。

Access

ご来院希望の方は最寄り駅からの徒歩ルートが掲載されているアクセス情報をご覧ください

概要

医院名 柳沢歯科医院
住所 東京都調布市菊野台3丁目36-2
電話番号 042-485-7123
営業時間 月・木・金 9:00~12:00/13:30~18:00


火 9:00~12:00/13:30~20:00


土 9:00~13:00
定休日 水曜日 日曜日 祝日
最寄り 京王線 柴崎駅徒歩5分

アクセス

豊富な治療実績を持つ歯科医院を調布市周辺でお探しの方は、アクセス情報をご覧の上足をお運びください。公共交通機関をご利用になり、京王線の柴崎駅から徒歩でご来院いただく方法が便利でおすすめです。また専用駐車場のご用意もございますのでお車でもご来院いただけます。

RELATED

関連記事